Plan 橋本商事の考え

基本方針

物流品質方針

「物流高品質」を社員一人ひとりが強く意識し、特に配車担当者が中心となって、品質と利益を両立させ、各部門がそのための諸施策をスピーディーかつ堅実に展開していく。

交通安全方針

輸送の安全確保が事業経営の根幹であるという意識を徹底させ、運転に関する知識や技術の向上に努めるとともに、プロドライバーとして自覚を高め事故防止を図る。

営業方針

物流プロ集団(乗務員・荷役係・配車係・企画係・総務係・管理者 全員が物流のプロフェッショナル)としてお客様に高品質な物流サービスを提案し、売上高及び利益目標を達成する。

お取引様に関する方針

努力を続けるメーカーに対しては、企業規模にとらわれることなく、積極的に取引を推進・拡大する。

法令順守方針

経営者および社員は、強い意志をもって事にあたり、配慮に欠ける行動はせず、誠実に迅速に間違いを改め法令を順守し、さらに、お取引先様協力会社様にも法令順守を徹底していただく。

行動指針

放置しない

職場での問題、お取引先様の要求・苦情、現場の悲鳴、協力会社様の要請等が発生したら、すぐに報告し対応行動を起こす。
特に、営業所は運行便を改善し積載効率を上げる。

事実を確認する

発生した問題等に対して、憶測または間接的なヒアリングではなく、自分の眼で調査し様々なデータを調べる。

常に改善する

本当の原因は何かを追求し、どうすれば良くなるか衆知を集め改善策を練り、会社のルールとして具体的な実施策を実行する。

物流方針および営業方針

物流品質五項目の目標

商品事故報告・交通事故報告・労働災害報告・運行違反報告・待機時間報告により品質向上を目指し、事実をしっかりと把握したうえで、その原因を追及し、積極的な改善策を実行する。

「三方良し」の営業

お客様(荷主様)、協力会社様、当社のいずれにとっても、適正な利益をもたらす「三方良し」の考えを常に持ち、見積もり段階での適正な取引契約提案と毎日の配車組を行う。

肉体的負担を減らす物流提案

将来の当社社員の高年齢化に対応する為、乗務員・荷役係といった現場社員の肉体的負担を軽減するため、お客様にパレット積みなどの物流提案を積極的に行う。またお客様からそういった対応をしていただける機会があれば、迅速に前向きに取り組む。

「待ち時間」に関する方針

一時間以上の待ち時間については、乗務員は「待機時間報告書」にて漏れることなく報告する。その報告に基づき、GPS等にて事実確認をしたうえで、お客様に改善要望と待ち時間による費用負担をしていただくよう依頼する。

我が社の未来像

品質日本一

我が社は、チルド・冷凍などの温度管理を必要とする商品の輸送・保管・荷役で、高品質を提供し続ける。

オールジャパン物流

我が社は、チルド・冷凍物流企業として、お客様の物流ニーズの変化に対応するため、協力会社様とともに良質で安定したオールジャパン(日本全国)物流を展開する。

法令順守・安心安全な物流

我が社は、運送事業法・労働基準法等の法令を順守し安全安心な物流を行う。社員一人ひとりが正しく法令等を理解し認識し実行する。また、取引先にも法令順守をご理解いただき、より良い物流提案を行う。

全社的視野の人材育成

我が社は、全体的視野の人材育成を目指し、常に自部門都合主義ではなく、他の部門のこともしっかり考え事業展開する。

報われる給与体系

社員の給与は、区域同業他社と比較して総合的に10%を上回る処遇を目指し、努力が報われる給与体系にする。年功序列人事を廃し、有能な人材を幹部に起用する。

売上・利益目標

売上目標

000百万円

利益目標

0百万円

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4